デジタル通貨発行を検討していることはない=黒田日銀総裁

[ワシントン 18日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は18日、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議後の記者会見で、日銀がデジタル通貨を発行する可能性について否定的な見解を示した。

黒田総裁は、中央銀行がデジタル通貨を発行する可能性について「G20内でいま具体的に議論になっているわけではない」と指摘。「あくまでも民間ベースのクロスボーダーの資金決済、送金についてもっと効率的にできないか、国際決済銀行(BIS)を中心に検討していこうということだ」として、「日銀としても、具体的にデジタル通貨を検討しているわけではない」と語った。

(木原麗花 志田義寧 編集:田中志保)


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る