貿易収支、9月は1230億円の赤字 3カ月連続=財務省

貿易収支、9月は1230億円の赤字 3カ月連続=財務省

[東京 21日 ロイター] - 財務省が21日発表した9月貿易統計速報は、貿易収支が1230億円の赤字だった。ロイターの予測中央値540億円の黒字に反し、3カ月連続の赤字となった。輸出が前年比5.2%減と予測中央値4.0%減より減少幅が大きかった半面、輸入は前年比1.5%減にとどまり、予測中央値2.8%減ほど落ち込まなかった。

輸出品目別では、中国向けギアボックスなど自動車の部分品が14.7%減、米国向け航空機エンジン部品など原動機が13.1%減、韓国向けIC製造用など半導体等製造装置が12.9%減などとなった。

輸入の主な減少品目は、サウジアラビアからの輸入減で原粗油が16.1%減、韓国からのナフサなど石油製品が35.5%減。一方、振れの大きい医薬品は44.2%増。アイルランドからの輸入が増えた。

対米輸出は7.9%減の1兆1874億円で2カ月連続の減少、対中輸出は6.7%減の1兆1771億円。中国向け輸出は7カ月連続の減少。中国の景気減速の影響を受けているが、財務省は「輸出金額が9月としては歴代3位で、水準自体は高い」(幹部)とみている。

中国の景気減速などを受け、2019年度上半期の貿易収支は8480億円の赤字と2期連続の赤字となった。

※内容を追加しました。

(和田崇彦)


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る