前場の日経平均は続伸、商い細るが強い基調を維持

前場の日経平均は続伸、商い細るが強い基調を維持

[東京 21日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比62円66銭高の2万2555円34銭となり、続伸した。前週末の米国株式市場が軟調となったほか、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)で離脱案の採決について議会が先送りする動議を可決したものの、これらは材料視されていない。一方、連休の谷間とあって模様眺めムードが強く、前場段階の東証1部の売買代金は7051億6300万円と細っている。それでも、下値不安は感じられず、全般は強い基調を維持した。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る