英財政赤字、上半期は前年比20%増 ブレグジット前に法人税収減少

[ロンドン 22日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)によると、英国の今年度(2019年4月─20年3月)上半期の公的部門財政赤字は前年同期を20%強上回った。10年にわたる赤字縮小基調が止まった。

9月の公的部門財政収支(国有銀行を除く)は、94億ポンドの赤字。赤字額は前年同月(88億ポンド)から増えたものの、ロイターがまとめたエコノミストの平均予想(97億ポンド)は下回った。

4─9月は403億ポンドの赤字で、前年同期比21.6%増加した。

すでに前月から不安視されていた、今年度の財政赤字を国内総生産(GDP)比2%未満に抑えるという目標達成が一段と不透明になった。

ジョンソン首相は、欧州連合(EU)と前週離脱協定案で合意し、10月31日のEU離脱を目指す。しかし、議会は19日に関連法を承認するまで協定案の採決を保留すると議決し、離脱再延期の可能性が高まっている。

シンクタンク、チェンジング・ヨーロッパのアナリストは、ジョンソン首相が離脱を強行した場合、EUとの貿易関係弱体化が経済に悪影響を与え、年間の税収が最大490億ポンド減少すると試算している。

ジャビド財務相は9月に、これまでの緊縮路線を転換すると表明し、歳出拡大方針を示した。ジャビド氏は11月6日に予算演説を行う。

ONSによると、4─9月の公共サービス向け支出は前年比5.4%増加。これに対し税収は2.8%増で、法人税収は1.1%減と上期としては2013年以来最大の落ち込みを記録した。

ONSは前月、前年度(18年4月─19年3月)の財政赤字をGDP比1.1%から1.9%に修正した。それでも赤字比率は2001/02年度以降で最低で、金融危機が深刻化した2009/10年度の10.2%を大きく下回る。

ただ、大半の先進国と同様、債務は危機前より多い。

9月の公的部門の純債務残高(国有銀行を除く)はGDP比80.3%。イングランド銀行(英中銀)の貸し出し制度による一時的影響を除外しても72.2%となった。

金融危機前の比率は40%を下回っていた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る