全米の州司法長官、グーグル調査巡り来月協議=関係筋

全米の州司法長官、グーグル調査巡り来月協議=関係筋

[ワシントン 22日 ロイター] - 全米50の州・地域の司法長官がアルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルの広告事業で反トラスト法(独占禁止法)違反がないか調査に乗り出した問題で、各州の司法長官らは来月11日にコロラド州で調査について協議する。複数の関係者が明らかにした。

関係者の1人によると、この会合はニューヨークで今週、司法省や連邦取引委員会(FTC)など連邦当局と州当局が米フェイスブック<FB.O>を巡る反トラスト法調査について話し合った会合と同様のものとなる見通し。

別の関係者によると、グーグル調査に関する会合では組織面の問題が取り上げられるとみられ、今後も調査に関する会合がたびたび開かれる可能性が高いという。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る