10月工作機械受注は前年比37.4%減、19年累計で31.7%減=工作機械工業会

[東京 12日 ロイター] - 日本工作機械工業会が12日発表した10月の工作機械受注額(速報値)は、前年比37.4減の874億5500万円だった。13カ月連続での前年割れ。前月比は同11.6%減だった。

このうち、外需は前年比34.1%減(前月比2.1%増)の540億1800万円。内需は前年比42%減(前月比27.4%減)の334億3700万円。

外需、内需とも前年比でのマイナスの基調が続いている。

1─10月累計の受注総額は、前年比31.7%減の1兆0581億1900万円だった。

(田中志保)


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る