米当局、グーグルのクラウド提携調査 医療情報が焦点=WSJ

米当局、グーグルのクラウド提携調査 医療情報が焦点=WSJ

[12日 ロイター] - 米保健福祉省(HHS)公民権局は、アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルと医療サービス会社アセンション[ASCNH.UL]によるクラウドコンピューティングを巡る提携について調査を開始した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が12日に伝えた。

同提携により、グーグルは数百万人の患者の詳細な医療情報にアクセスできるようになる見通し。

グーグルは調査についてブログで「今回の提携に関するいかなる疑問にも喜んで協力する」と表明した。

WSJによると、今回の提携が医療情報を保護する「医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)」を順守するものであることを確認するため、HHS公民権局は調査を実施する。

グーグルは11日、「(患者のデータを)グーグルの消費者データと統合することは不可能であり、統合はしない」と表明した。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る