第3四半期のユーロ圏GDP改定値、前期比+0.2%・前年比+1.2%

第3四半期のユーロ圏GDP改定値、前期比+0.2%・前年比+1.2%

[ブリュッセル 14日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した第3・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)改定値は前期比0.2%増、前年比1.2%増だった。

前期比伸び率は速報値と同じで市場予想と一致した。前年比伸び率は、速報値(1.1%増)から上方改定された。市場予想は1.1%増だった。

これに先立ち発表されたドイツの第3・四半期GDPは前期比0.1%増となり、景気後退(リセッション)を回避した。[nL4N27U26Q]


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る