独製造業生産、19年4%減 輸出伸びは09年以来の低水準=経済団体

[ベルリン 19日 ロイター] - ドイツ産業連盟(BDI)は19日、ドイツの製造業生産が今年4%減少し、外需低迷により輸出の伸びは2009年以来の低水準となる0.5%にとどまるとの見方を示した。

輸出依存度の高いドイツの製造業は米中貿易戦争のほか、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る先行き不透明性で痛手を受けている。

BDIのマネジングディレクター、ヨアヒム・ラング氏は声明で「ドイツの産業部門は6年連続で成長してきたが、18年第3・四半期以降、後退に陥っている」とした。

BDIは世界の産業生産の伸びについて、今年は1%にとどまると予想。過去2年間は3%伸びていた。

18年のドイツ製造業生産は1.2%増加、輸出は2.1%増加していた。

ドイツ政府は今年の独経済成長率は0.5%になるとの予想を示している。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る