[東京 27日 ロイター] - LIXILグループ<5938.T>は27日、事業子会社のLIXILとの合併について検討を開始すると発表した。

同グループは2001年に持ち株会社体制に移行、2011年に主要事業会社5社を統合してLIXILを発足させたあとも、持ち株会社体制を維持してきた。

今回のLIXILとの合併は、二重構造の解消により、意思決定を迅速化し、経営や人的資源の重複をなくし、経営効率を改善する狙いがある。

(石田仁志)