[東京 22日 ロイター] - 東京証券取引所は22日、東芝を1部市場に指定すると発表した。29日に1部に復帰する。

1部復帰に伴い、東芝は企業としての信用力が向上し、資金調達しやすくなるなどのメリットが見込まれる。株価面では、TOPIXなどの日本株インデックスに組み込まれることによる資金流入も見込まれる。

東芝は17年8月、債務超過を理由に2部に降格。昨年4月には、1部への復帰を申請していた。申請から約10カ月で承認を受けることとなった。