[ワシントン 19日 ロイター] - 米道路交通安全局(NHTSA)は19日、テキサス州で17日に発生した米電気自動車(EV)大手テスラの乗用車の衝突事故について調査していると発表した。

地元テレビ局によると、事故を起こしたのは2019年型モデルSで、高速走行中にカーブを曲がり切れず、木に衝突し、車体が炎上した。消火後に当局が車内から2人を発見。1人は助手席、もう1人は後部座席から発見された。当局によると、事故当時、運転席は無人だったとみられる。

NHTSAは「特別事故調査チームを直ちに立ち上げ、今回の事故を調査する。地元警察およびテスラと積極的に協力し、事故の詳細を把握しさらなる情報を得た上で適切な措置を講じる」とした。

また、米運輸安全委員会(NTSB)は同日、今回の衝突事故を調査するために調査員2人を派遣すると発表。「車両の操作と事故後の火災に焦点を当てて調査する。NTSBの調査員はきょう午後遅くに現地に到着する予定」とした。