[16日 ロイター] - 米国株式市場は主要3株価指数がいずれも下落して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)当局者が2023年に利上げを実施するとの見通しを示し、市場の想定よりも早い時期の利上げが示唆されたことで投資家の間に不安感が広がった。

FRBの最新の金利見通しでは、当局者18人のうち過半数の11人が23年に少なくとも2回の25ベーシスポイント(bp)利上げを予想していることが示された。

BNPパリバのチーフ米国エコノミスト、ダニエル・アーン氏は「23年中に2回の利上げを予測したドットチャートは、一目見ただけで予想よりタカ派的で、市場はそのように反応した」と述べた。

FRBの発表を受け、債券市場では米10年債利回りが上昇し、外為市場ではドル指数が6週ぶりの高値を付けた。

S&P総合500種の業種別では、公益事業や素材、主要消費財が下げを主導。一般消費財と小売りは上昇した。

FRBは今回の連邦公開市場委員会(FOMC)声明で、最大雇用と物価安定の目標に向けて「さらに著しい進展」が見られるまで、少なくとも月1200億ドルの資産購入を継続する方針も改めて表明した。

BNPのアーン氏は「パウエル議長は、FOMCとしてまだテーパリング(量的緩和の縮小)の用意はできていないが、委員会が検討していることを示唆した」と述べた。

米取引所の合算出来高は109億株。直近20営業日の平均は103億8000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 34033.67 -265.66 -0.77 34308.48 34333.25 33917.11

前営業日終値 34299.33

ナスダック総合 14039.68 -33.17 -0.24 14085.55 14129.69 13903.73

前営業日終値 14072.86

S&P総合500種 4223.70 -22.89 -0.54 4248.87 4251.89 4202.45

前営業日終値 4246.59

ダウ輸送株20種 15138.68 -166.71 -1.09

ダウ公共株15種 903.93 -14.50 -1.58

フィラデルフィア半導体 3201.01 -24.97 -0.77

VIX指数 18.15 +1.13 +6.64

S&P一般消費財 1385.81 +2.22 +0.16

S&P素材 525.35 -6.20 -1.17

S&P工業 864.18 -8.62 -0.99

S&P主要消費財 715.46 -8.96 -1.24

S&P金融 616.68 -0.87 -0.14

S&P不動産 279.37 -2.49 -0.88

S&Pエネルギー 418.31 -2.03 -0.48

S&Pヘルスケア 1443.45 -5.57 -0.38

S&P通信サービス 259.57 -2.01 -0.77

S&P情報技術 2486.31 -13.03 -0.52

S&P公益事業 330.53 -5.01 -1.49

NYSE出来高 11.16億株

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 29355 + 105 大阪比

シカゴ日経先物9月限 円建て 29330 + 80 大阪比