[東京 25日 ロイター] - 外食最大手のゼンショーホールディングスは25日、日本政策投資銀行から300億円を調達すると発表した。200億円が劣後ローン、100億円がシニアローンで、借入実行日はいずれも6月30日。

さらなる持続的成長を可能にする事業戦略の遂行、財務体質の強化、資本効率の維持・向上が狙いという。