[ワシントン 27日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のチーフエコノミスト、ギータ・ゴピナート氏は27日、米国を中心とするインフレ高進は来年鈍化が見込まれるとした上で、中期的なインフレ期待が高まった場合は懸念材料になると述べた。

記者会見で、来年は中期的なインフレ期待が抑制されない可能性が懸念されると指摘。「米連邦準備理事会(FRB)の目標である2%から持続的に乖離し、これまで見たことのない軌道で離れていくのであれば、絶対的な懸念要因になる」とした。