[東京 28日 ロイター] - 三井住友フィナンシャルグループは28日、傘下のSMBC日興証券と共同で、中国での証券会社設立を申請したと発表した。27日付で証券監督管理委員会に申請し、2022年夏から秋の開業を目指す。昨年の外資規制の緩和を受けて合弁ではなく、独資で参入予定。

SMBC日興証券によると、当初は中国国内の機関投資家などを対象とするホールセール事業に取り組み、その後は銀行の現地法人と連携してクロスボーダー取引なども展開する。

中国での証券会社設立を巡っては、日本では野村ホールディングス、大和証券グループ本社が当局の認可を得ている。