[29日 ロイター] - 米携帯電話サービス大手のTモバイルUSが29日発表した第2・四半期の月額払い(ポストペイド)の契約者数は市場予想を上回る伸びとなった。在宅勤務や遠隔学習の普及を背景に、高速通信規格「5G」に関連したサービスや端末の需要が好調だった。

自社店舗の営業再開や、同業スプリントとの合併による顧客ベース拡大も契約者数の増加に寄与した。

第2・四半期の契約者数は62万7000人増加。ファクトセットがまとめた予想(56万0500人)を上回った。

TモバイルUSは2021年の契約者数の伸びを差し引き500万─530万人と予想し、従来見通しの440万─490万人から引き上げた。

第2・四半期の総売上高は約13%増の199億5000万ドル。リフィニティブがまとめた市場予想は193億4000万ドルだった。