[ワシントン 4日 ロイター] - ニューヨーク自動車ショーの主催者は4日、新型コロナウイルスのデルタ変異株の感染拡大を受け、8月19日から10日間の日程で計画されていた今年のショーを中止すると発表した。昨年に続き、2年連続での中止となる。

今年のニューヨーク自動車ショーは当初4月に計画されていたが、8月に延期。主催者は「デルタ変異株の感染拡大と、州当局、および地元当局がこのほど発表した一段の抑制措置」に配慮し、中止を決めたと説明した。

同自動車ショーはマンハッタンの「ジェイコブ・ジャビッツ・コンベンションセンター」で開催。20年は新型コロナ感染拡大を受け臨時病院が設置されていたため中止された。

同自動車ショーが最後に開催されたのは19年4月。主催者によると例年の経済効果は3億ドルを超えていた。次回のショーは22年4月に開催する計画。