[ブリュッセル 16日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が16日発表したユーロ圏の7月の貿易収支は207億ユーロ(244億ドル)の黒字と、黒字幅は前年同月の268億ユーロから縮小した。

輸入が輸出を上回るペースで増加した。

1−7月の貿易黒字は1224億ユーロで、前年同期の1128億ユーロを大幅に上回った。

7月の貿易黒字は、季節調整済みでは134億ユーロで、前月の119億ユーロから拡大。輸出は前月比1.0%増、輸入は0.3%増だった。

EUの貿易黒字(季節調整前)は7月、1−7月とも前年比で縮小した。

1−7月のEUの対中貿易赤字は拡大。対米貿易黒字と対英貿易黒字も拡大した。

EUを離脱した英国向けの輸出は6.2%増。英国からの輸入は17.1%減。

EU統計局は今年初めに英国とは異なる統計手法を導入。EU離脱前は英国からEU加盟国に出荷されたモノをすべて英国の輸出として扱っていたが、今年初めからは原産国が英国以外のモノを英国の輸出として扱わなくなった。