[東京 17日 ロイター] - JSRは17日、 国の半導体材料メーカー、インプリア・コーポレーション(米オレゴン州)の株式79%を追加取得することで合意したと発表した。2017年と2020年に取得した21%株式と合わせて全株式を取得することになり、インプリアはJSRの完全子会社となる。

インプリアの事業価値については約565億円と評価することで両社が合意しているという。株式の追加取得は規制当局の承認などを前提に、10 末までの完了を予定している。

インプリアの完全子会社化が連結業績に与える影響については、買収の進捗状況に応じて速やかに開 するとしている。