[ニューヨーク 20日 ロイター] - デジタル資産運用会社・コインシェアーズが20日発表したデータによると、暗号資産(仮想通貨)に関連する投資商品やファンドに対し、5週連続で資金が流入した。引き続き市場心理の改善が見られるという。

9月17日までの週の流入額は4160万ドル。ビットコイン関連に1530万ドル、イーサ関連に660万ドルが流入した。

年初からの流入額は59億6000万ドルに達した。

コインシェアーズの投資ストラテジスト、ジェームズ・バターフィル氏は、季節的な要因から市場心理が改善している可能性もあるものの、投資商品の数量がそれに見合って増加しているわけではないと指摘。「これは、最近の価格低迷やアルトコイン(ビットコイン以外の暗号通貨)の継続的な人気上昇を一部の投資家が利用していることの表れ」と分析した。