[27日 ロイター] - 中国国有の送電会社、国家電網は27日、電力不足を解消する総合的な対策を導入すると表明した。

同国の東部と南部の主要産業地域では、電力不足が悪化し数週間前からメーカーの生産が制限されているほか、北東部の一部の一般世帯にも影響が広がり始めている。

国家電網は「全力を尽くして電力供給を保証する戦いを戦う」と表明。送電網全てで送電を強化し、全ての発電所の電力を確実に供給する体制を整えると述べた。

地域をまたがる送電網も活用するとも表明。エネルギー消費動向の監視体制を改善し、一般世帯のニーズに対応する意向を示した。