[27日 ロイター] - 米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は27日、最大雇用を目指す連邦準備理事会(FRB)のコミットメントを改めて表明した。

この日公開された論文で「インフレ問題の顕在化や長期化を示す明確なデータがない限り、労働市場の動向を見守り、長期的な最大雇用の追求を促進する」と述べた。

最近のデータではインフレ率の上昇が示されているが、長期的なインフレ期待はFRBの目標である2%に「妥当に」近い水準にとどまっているとし、厄介な物価上昇の長期化に直面しているという確信はないと述べた。