[北京 19日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)の共産党委員会書記を務める郭樹清氏は、中国はインターネット金融分野の規制と発展の両方を重視していくと述べた。

国営テレビで、中国のインターネット・プラットフォーム上の金融問題の大半が積極的に対応されており、一部は解決していると指摘。「誠実さと革新性を堅持し、法律と規制を順守してこそ、規格化と発展に等しく注意を払うことが可能になる」とした。

郭氏は中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)の主席も務める。