[19日 ロイター] - 米動画配信サービス大手ネットフリックスが19日に発表した第3・四半期(7─9月期)の契約件数は、韓国のホラー番組「イカゲーム」人気が呼び水となり、438万件増の2億1360万件と、予想を超えて増加した。

ネットフリックスの契約件数は2020年は新型コロナウイルス感染拡大を受けた「巣ごもり消費」需要で増加したが、21年上半期に入ってから伸びは鈍化。ただ、9月17日に配信を開始したイカゲームが大ヒットしたことで、伸びが再び上向いた。

イカゲームは、借金を抱えた主人公らが賞金と生き残りをかけて競うストーリーで、配信後1カ月で1億4200万世帯が視聴したという。94カ国を対象にしたネットフリックスの視聴数チャートのトップに躍り出た。第4・四半期もイカゲーム効果は続くとみられている。

ネットフリックは、新作品をリリースするペースが加速することから、新規契約件数は年末までに850万件増加すると予想。市場予想(833万件)より強気の見通しを示している。

第3・四半期決算は、希薄化後の1株当たり利益が3.19ドル。アナリスト予想は2.57ドルだった。売上高は16%増の75億ドル。

同社は2022年の配信作品について、コロナ感染の新たな波や想定外の問題が起きない限り、年間を通じて偏りのない「より正常な」ラインアップに戻ると予想。

また、視聴データを公表する頻度を増やし、1つの作品を最低2分視聴したアカウントの数を集計する現在のデータに代わり、視聴時間を中心に開示するとした。

同社の競合相手はテレビ局だけでなく短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」や人気ゲーム「フォートナイト」などに広がっていると指摘し、今月上旬にフェイスブックの交流サイト(SNS)にシステム障害が発生した際は、一時的にネットフリックスの利用が14%増えたと明らかにした。