[ワシントン 26日 ロイター] - 米民主党中道派のマンチン上院議員は26日、議会上院に存在するフィリバスター(議事妨害)の慣行を廃止することは「理にかなっていない」という考えを示した。ワシントン経済クラブとのインタビューで語った。

バイデン大統領は先週、フィリバスターを巡り、「一定の議案に関しては抜本的に変えるべき」という考えを示した。

共和党は今年、フィリバスターを3回決行している。

マンチン議員は、超党派のインフラ投資法案とバイデン大統領の看板政策の1つである気候変動・社会保障関連歳出法案について、議会で承認される「可能性が高い」と語った。

歳出法案の規模については1兆5000億ドルが適切とした。バイデン大統領は当初3兆5000億ドルを目指していた。

民主党上院トップのシューマー院内総務は議場で「最終的な合意に近いと確信している」と述べた。