[ブリュッセル 1日 ロイター] - 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は1日、世界的なインフラや気候変動対策プロジェクトなどに2027年までに総額3000億ユーロ(3400億ドル)を投資する計画を発表した。中国の広域経済圏構想「一帯一路」に対抗する。

計画の名称は「グローバル・ゲートウエー」。気候変動対策のほか、デジタル化、エネルギー、輸送部門、教育、研究など幅広い部門に注力する。他の国を支援することで、欧州の供給網の強化など自らの利益も得られるとしている。

欧州委員会のフォンデアライエン委員長は記者会見で、中国の構想とは異なり、EUは地元社会がインフラ投資の恩恵を受けられるようにするとし、民間部門と提携して実施すると表明。EUのグローバル・ゲートウエーは、中国の一帯一路に対する「真の代替案」になると述べた。