[ヘルシンキ 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのレーン・フィンランド中銀総裁は8日、ECBが現在実施している債券購入プログラムは必要な景気刺激策を十分提供しており、新たな措置は必要ないと述べた。

また、金融政策の段階的な正常化に着手するとし、特に債券購入プログラムに注目しているとした。