[17日 ロイター] - イーロン・マスク氏率いる米民間宇宙開発企業のスペースXが私募形式の株式売却に乗り出しており、企業価値が1250億ドル超と評価される可能性がある。複数の関係者がロイターに明らかにした。

流通市場での株式売却で1150億ドルと評価されたフィンテック大手ストライプを上回る可能性がある。

スペースXの株式は1株当たり72ドルで売りに出されている。昨年10月には分割後1株56ドルで売りに出され、それに基づく企業価値は約1000億ドルだった。

株式売却で新株は発行されていないが、今後新株を発行する可能性があると同社は示唆しているという。

売りに出されている株式の数は明らかになっていない。

スペースXの株式を44%保有するマスク最高経営責任者(CEO)が保有株を手放すかは不明。スペースXはロイターのコメントの要請に応じていない。