[ソウル 22日 ロイター] - 韓国の現代自動車グループは22日、米国へ50億ドルを新たに投資し、先端技術分野で米企業との協力関係を強化すると発表した。

この投資はロボット、都市交通、自動運転技術、人工知能などに振り向ける。現代自動車と傘下の起亜自動車は20日、ジョージア州に55億ドルを投じて電気自動車(EV)とバッテリーを製造する工場を建設する計画も明らかにしている。

合計の対米投資額は100億ドルを超え、昨年打ち出した74億ドルを上回る規模となる。