[24日 ロイター] - 米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は、連邦準備理事会(FRB)は急すぎる利上げで「著しい経済的混乱」を引き起こさないようにすべきと警告した。

24日に公表した寄稿で「インフレ率を2%目標に近づけるために金融政策をより中立的なスタンスに迅速に戻す上で、私は意図的かつ無謀なことをせずに進める予定だ」と指摘。金融政策当局者はパンデミック(世界的大流行)、ウクライナでの戦争、供給上の制約が経済見通しに及ぼす不確実な影響について「留意」し、「政策引き締めを慎重に進める」必要があるとした。

今回の寄稿はボスティック総裁の23日の発言を文章にしたもの。ボスティック総裁は前日、FRBの利上げの道筋について、6月と7月に0.50%ポイントの利上げを行った後は、インフレと経済への影響を精査するためにいったん利上げを停止することは「理にかなう」と述べた。