[香港 27日 ロイター] - 資金難にあえぐ中国の不動産開発大手、融創中国は40億元(5億9800万ドル)相当のオンショア債について、6月と9月に予定される分割償還の規模縮小を求めている。27日の開示資料で判明した。

同社は6月末と9月末にそれぞれ元本の10%と15%を償還することになっている。6月28─29日に社債権者会議を開催し、5%と10%への割合縮小について承認を求める。

減額された分は2023年9月の最終償還時に支払われるという。