[28日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は28日、7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での75ベーシスポイント(bp)の追加利上げの可能性を含め、景気とインフレを減速させるために速いペースでのさらなる利上げを支持するという認識を示した。

同時に、米国が景気後退(リセッション)に陥ることは想定していないとも述べた。

ウィリアムズ総裁はCNBCとのインタビューで、政策金利が年末までに「間違いなく」3─3.5%の水準に上昇する必要があると指摘。さらに来年には3.5─4%に水準に達することが現時点で「完全に理にかなっている」ように見えると述べた。

総裁は「迅速に行動する必要がある」とし、「次回会合については50bpもしくは75bpの利上げを巡り討議されることは明白」とした。

利上げによって、今年の経済成長率は1─1.5%のレンジに鈍化する可能性があり、現在3.6%となっている失業率は今後数年で4%を超える公算が大きいと予想した。

同時に「経済は堅調」という認識を示し、金利上昇による「景気後退は私の基本シナリオではない」と述べた。