[シントラ(ポルトガル) 29日 ロイター] - 世界の主要中央銀行総裁は29日、高インフレの是正は痛みを伴い、成長率が押し下げられる可能性もあるが、急激な物価上昇の定着を防ぐために迅速に対応する必要があるとの考えを示した。

欧州中央銀行(ECB)がポルトガルのシントラで開いている年次フォーラムにはラガルドECB総裁のほか、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長やイングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁らが出席。

パウエル議長は、FRBの利上げが経済を過度に減速させるリスクはあるものの、消費者の物価上昇期待をあおる持続的な高インフレの方がより大きなリスクと指摘。「このプロセスは何らかの痛みを伴う可能性が高い。ただ、高インフレに対処できず、持続を許してしまうことが最悪の痛みになる」と述べた。

その上で、FRBがインフレ抑制のために景気を必要以上に減速させる「リスクはある」としながらも、「それがより大きなリスクという見方には同意しない。物価安定の回復に失敗することがより大きな間違いだ」と語った。

ラガルド総裁は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)以前の超低インフレの時代が戻る可能性は低く、中央銀行は物価上昇が極めて高いと予想される状況に適応する必要があるとの考えを表明。インフレ率はECBが目標とする2%を当面は上回り続けると予想されることから、ECBは現時点で対応しなければならないと述べた。

ECBは7月に政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き上げ、9月により大幅な利上げを実施する可能性も示唆している。

イングランド銀行(英中央銀行)は今月、政策金利を0.25%ポイント引き上げ1.25%とし、物価高の悪影響を阻止するため「力強く行動」する姿勢を表明。ベイリー総裁はこの日のフォーラムで、「もっとやらなければならない状況もある」とし、25bpの追加利上げのみが「唯一の選択肢と考えるべきではない」との見方を示した。

国際決済銀行(BIS)のカルステンス総支配人は、問題の存在が認識されたことで最初の一歩が踏み出されたとし、リスクが高まる中、現在は政策を強化する時期にあると指摘。「高インフレの定着を未然に防ぐ必要がある」と述べた。