[8日 ロイター] - 米国株式市場はほぼ変わらずで終了した。先週末に発表された堅調な米雇用統計を受け、連邦準備理事会(FRB)がインフレ抑制に向けた引き締めを継続するという見方が強まった。

また、半導体大手エヌビディアが売上高に関する警告を発したことを受けて景気減速が意識された。

雇用統計は当初、FRBの積極的な利上げに経済が耐えられることを示すと受け止められたことから主要株価指数はいずれも一時上昇していた。

金融政策を巡る手掛かりとして10日発表の消費者物価指数(CPI)が注目されている。

ブランク・シャイン・ウェルス・マネジメントのロバート・シャイン最高投資責任者(CIO)は「CPIデータはFRBの引き締めがインフレ抑制につながっているのか、それとも引き締め継続が必要なのかを確認する材料になる」と述べた。

雇用統計を受け、米金利先物市場ではFRBが次回9月の会合で75ベーシスポイント(bp)の利上げを実施する確率が67.5%織り込まれている。発表前は約41%だった。

S&P主要セクターでは情報技術が0.9%下落。エヌビディアは6.3%安。第2・四半期売上高が前期比で19%減少するとの見通しを示した。

フィラデルフィア半導体指数は1.6%安。バリュー指数は0.1%高、グロース指数は0.4%安。

米取引所の合算出来高は110億1000万株だった。

電気自動車(EV)大手テスラは0.8%上昇。報道によると、インドネシアのニッケル加工会社からバッテリー材料を購入する約50億ドルの契約を締結した。

米上院が7日、4300億ドル規模の「インフレ抑制法案」を可決したことを受け自動車株が買われた。この法案には気候変動対策として、中古EV向けに4000ドルの税額控除などが盛り込まれている。

リビアン・オートモーティブは6.78%高、フォード・モーターは3.14%高、ゼネラル・モーターズ(GM)は4.16%高、ローズタウン・モーターズは3.17%高。

医療テクノロジー企業のシグニファイ・ヘルスは薬局チェーン大手CVSヘルスが買収を検討しているとの報道を受け、11.0%の大幅高となった。

通年の売上高見通しを引き下げた大手ビックデータ分析会社のパランティア・テクノロジーズは14.2%下落した。

食肉加工のタイソン・フーズは8.4%安。四半期利益が予想を下回った。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を2.28対1の比率で上回った。ナスダックでも1.67対1で値上がり銘柄数が多かった。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 32832.54 +29.07 +0.09 32877.36 33109.96 32769.10

前営業日終値 32803.47

ナスダック総合 12644.46 -13.10 -0.10 12703.72 12855.16 12597.75

前営業日終値 12657.56

S&P総合500種 4140.06 -5.13 -0.12 4155.93 4186.62 4128.97

前営業日終値 4145.19

ダウ輸送株20種 14652.44 +51.39 +0.35

ダウ公共株15種 1015.12 +1.16 +0.11

フィラデルフィア半導体 3004.34 -49.05 -1.61

VIX指数 21.29 +0.14 +0.66

S&P一般消費財 1300.29 +3.84 +0.30

S&P素材 487.64 +2.65 +0.55

S&P工業 812.20 -0.62 -0.08

S&P主要消費財 773.78 -0.50 -0.06

S&P金融 558.72 -1.01 -0.18

S&P不動産 275.68 +1.93 +0.71

S&Pエネルギー 560.62 +2.74 +0.49

S&Pヘルスケア 1534.48 +3.45 +0.23

S&P通信サービス 195.51 +0.72 +0.37

S&P情報技術 2549.16 -22.61 -0.88

S&P公益事業 377.53 +0.45 +0.12

NYSE出来高 8.79億株

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 28140 - 100 大阪比

シカゴ日経先物9月限 円建て 28125 - 115 大阪比