[東京 10日 ロイター] - かんぽ生命保険は10日、発行済み株式総数の7.5%に当たる3000万株、350億円を上限に自社株買いを決議した。取得期間は8月12日から2023年3月31日まで。

12日に東京証券取引所の立会外取引で、発行済み株の4.2%に当たる1692万4500株を上限に買い付け委託する。取得価格は10日終値の2068円で、最大約350億円。

親会社の日本郵政は保有株の一部売却に応じ、発行済み株の2.12%に当たる846万2200万株を12日に処分する。売却総額は約175億円。