[東京 18日 ロイター] - 日本製鉄は18日、東日本製鉄所君津地区(千葉県)で6月に着色水が流出した問題などを巡り、排水口・排水溝に関わるデータを総点検したところ、水質測定データに不適切な取り扱いがあったと発表した。有害物質のシアンなど、排水基準超過を含め、関係機関に報告した数値より高い測定データがあったことなどが判明したという。

同社では全社体制で原因究明や再発防止策の実行に努めるとしている。