[ワシントン 5日 ロイター] - 米商務省が5日発表した8月の貿易赤字は前月比4.3%減の674億ドルと、2021年5月以来の低水準となった。

輸入が1.1%減の3263億ドル。原油や資本財の輸入が大きく減少した一方、自動車の輸入が増加し過去最高となった。サービスの輸入は4億ドル増加。旅行や知的財産権使用料が増加した。

輸出は0.3%減の2589億ドル。欧州などの需要減速を反映し全般的に減少した。金や原油、自動車・部品の減少が目立った。

一方、消費財の輸出は医薬品を中心に増加。資本財の輸出は過去最高となった。

サービスの輸出は減少。ビジネスおよび金融サービスが増加したものの、旅行の減少によって相殺された。