[ニューヨーク 30日 ロイター] - 経営破綻した暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXの創業者、サム・バンクマンフリード氏は破綻後初めて公の場に姿を見せ、詐欺を働いたとの指摘を否定した。

同氏は30日に開かれた米ニューヨーク・タイムズ紙主催のイベントにオンラインで登壇し、FTXの顧客資金を自身の暗号資産投資会社「アラメダ・リサーチ」に流用した疑惑について、意図的に資金を混在させた事実はないと強調。FTXに銀行口座がないために一部顧客はアラメダに送金し、FTXへの入金として処理されたため、食い違いが生じたと説明した。

「詐欺は試みようとしたことすらない」とインタビューで語り、個人としての刑事責任を否定した。また、アラメダのFTXに対する投資ポジションの全容も把握していなかったとした。

FTXにはニューヨーク州の連邦検察当局が11月半ばに捜査を開始したことが関係筋の話で分かった。米証券取引委員会(SEC)、米商品先物取引委員会(CFTC)も調査に着手した。

バンクマンフリード氏はバハマにいるとし、資金はほぼ尽きて使えるクレジットカードは1枚になり、銀行口座に「おそらく10万ドル」あるだけとした。

FTXについてはリスク管理に「完全に失敗した」と認めた。「顧客のポジションに関するリスクを担当する責任者がいなかった。今思えば大失態だ」と語った。