[ワシントン 2日 ロイター] - バイデン米大統領は2日、経済に壊滅的な打撃を与えかねない鉄道労働者のストライキを阻止する法案に署名した。

米議会上院は1日に同法案を賛成80、反対15で可決。下院では11月30日に同じくスト回避のための法案が承認されていた。

バイデン氏は「難しい判断だったが、現時点では適切な措置だ。雇用を守り、数百万もの労働者世帯を被害や混乱から保護し、年末年始中のサプライチェーン(供給網)を安定させるためだ」と指摘。この法案によって「経済的な大惨事」は回避されたとした。

ただ、病気休暇の推進などの面で「戦いは終わっていない」と語った。