[東京 7日 ロイター] - 内閣府が7日に公表した10月の景気動向指数速報(2015年=100)の一致指数は前月比0.9ポイント低下し99.9で、2カ月連続の低下となった。鉱工業生産や投資財出荷の指数の低下が響いた。小売・卸売販売額や耐久消費財出荷指数も下押しした。

先行指数は前月比0.8ポイント上昇し99.0と、2カ月ぶりに上昇した。最終需要財在庫率指数や新規求人数の改善に押し上げられた。

同指数から機械的に決める基調判断は「改善を示している」とし、前月から据え置いた。

* (詳細を追加しました。