[ニューヨーク 21日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ドル指数が下落した。米連邦準備理事会(FRB)が公表した議事要旨では、予想されていた通りに、尚早な利下げに対する懸念が示されていたことが分かった。

1月30日─31日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨によると、政策担当者はインフレ率を目標とする2%に戻すために制約的な金融政策スタンスを維持しなくてはならない期間を巡る不確実性を強調。大半の参加者が政策スタンスを緩和する動きが速すぎることのリスクを指摘した。

短期金融市場では、FRBは6月に利下げに着手すると予想されている。

UBS(ニューヨーク)の外為ストラテジスト、ワシーリー・セレブリアコフ氏はFOMC議事要旨について「FRB当局者は進展を注視しているものの、まだ(結論に)至っていないというのが全体的なメッセージだった」と語った。

このところの米経済指標を巡っては、1月の消費者物価指数(CPI)と卸売物価指数(PPI)が予想を上回って伸びたことを受け、FRBはより長期にわたり金利を高水準にとどめるとの見方が台頭。一方、1月の小売売上高などが軟調だったことで、ドルが下落するなどの動きも出た。

CIBCキャピタル・マーケッツ(トロント)の北米外為戦略責任者、ビパン・ライ氏は「これから入手されるデータを巡る不透明感が高いため、ドルにやや圧力がかかっている」と述べた。

リッチモンド地区連銀のバーキン総裁もこの日、予想以上の伸びとなった1月のCPIとPPIは今後のFRBの金利決定を複雑なものにしていると述べている。

終盤の取引で主要6通貨に対するドル指数は0.04%安の104.00。

ユーロ/ドルは0.1%高の1.0815ドル。

ドル/円は0.13%高の150.19円。

英ポンド/ドルは0.11%高の1.2632ドル。英国立統計局(ONS)が発表した1月の財政収支は過去最高の167億ポンド(210億8000万ドル)の黒字だった。

暗号資産(仮想通貨)では、ビットコインが1.96%安の5万1028ドル。

ドル/円 NY終値 150.28/150.31

始値 150.05

高値 150.39

安値 149.94

ユーロ/ドル NY終値 1.0817/1.0821

始値 1.0797

高値 1.0824

安値 1.0797