[ニューヨーク 23日 ロイター] - 米国株式市場は、S&P総合500種とダウ工業株30種が前日に続き終値ベースで最高値を更新した。注目される人工知能(AI)関連銘柄への買いが続いていることで、週間ベースで主要3指数はそろって上昇した。

半導体大手エヌビディアは0.4%高で終了。取引時間中に時価総額が初めて2兆ドルを突破した。21日発表した第1・四半期(2─4月)の売上高見通しが市場予想を上回ったことを受け買いが強まり、22日の取引で時価総額が2770億ドル増加。米株市場では時価総額の1日当たりの増加額として史上最大だった。

アメリプライズのチーフ・マーケット・ストラテジスト、アンソニー・サグリンベン氏は「エヌビディアはナスダック総合とS&P総合500種の上昇に寄与している重要企業の1つ」と指摘。連邦準備理事会(FRB)の利下げ観測が後ずれしていることに関連する懸念が出ているものの、「エヌビディアを中心とするハイテク大手に極めて強い集中」が見られているため、こうした懸念は看過されているとの見方を示した。

この日はS&Pの主要セクターの多くが上昇。公益のほか、素材などが上昇した。

ただ一部のハイテク銘柄が失速。アップル、テスラ、メタ・プラットフォームズは0.4─2.8%下落した。

メディア大手ワーナー・ブラザース・ディスカバリーは9.9%安。四半期決算で損失が予想を上回ったことが嫌気された。

一方、決済サービス会社ブロックは16.1%高。現四半期の調整後のコア収益見通しが市場予想を上回ったことが好感された。

米取引所の合算出来高は106億4000万株。直近20営業日の平均は116億株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 39131.53 +62.42 +0.16 39127.9 39282. 39094.

7 28 36

前営業日終値 39069.11

ナスダック総合 15996.82 -44.80 -0.28 16094.8 16134. 15954.

0 22 50

前営業日終値 16041.62

S&P総合500種 5088.80 +1.77 +0.03 5100.92 5111.0 5081.4

6 6

前営業日終値 5087.03

ダウ輸送株20種 15921.02 +98.65 +0.62

ダウ公共株15種 849.05 +3.14 +0.37

フィラデルフィア半導体 4615.03 -52.33 -1.12

VIX指数 13.75 -0.79 -5.43

S&P一般消費財 1461.27 -5.05 -0.34

S&P素材 546.67 +3.15 +0.58

S&P工業 1016.05 +5.04 +0.50

S&P主要消費財 793.18 +2.40 +0.30

S&P金融 669.07 +2.18 +0.33

S&P不動産 242.95 +0.24 +0.10

S&Pエネルギー 652.35 -3.80 -0.58

S&Pヘルスケア 1720.80 +7.62 +0.45

S&P通信サービス 274.75 -0.57 -0.21

S&P情報技術 3721.99 -9.99 -0.27

S&P公益事業 313.42 +2.20 +0.71

NYSE出来高 8.99億株

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 39480 + 360 大阪比

シカゴ日経先物3月限 円建て 39470 + 350 大阪比