Yuvraj Malik Krystal Hu

[26日 ロイター] - 米マイクロソフトは26日、フランスの人工知能(AI)スタートアップ企業ミストラルAIとの提携を発表した。ミストラルAIの基盤モデルを、マイクロソフトのクラウドサービス「アジュール」を通じて利用できるようになる。

マイクロソフトは、生成AI「チャットGPT」を開発した米スタートアップ企業オープンAIに多額の出資をしているが、アジュールの顧客を拡大するため、多様な基盤モデルを提供できるようにする狙いがある。

ミストラルAIが手がけているのは、オープンソース型とプロプライエタリ型の大規模言語モデル。プロプライエタリ型の「ミストラル・ラージ」がアジュールで初めて利用可能になる。

ミストラルAIによると、今回の提携の一環としてマイクロソフトから少額の出資を受けるというが、詳しい内容は明かされなかった。