Nidal al-Mughrabi Idrees Ali

[カイロ/ワシントン 2日 ロイター] - 米国は2日、イスラエルとイスラム組織ハマスの戦闘が続くパレスチナ自治区ガザに人道支援物資を初めて投下した。国連は、少なくとも57万6000人が飢餓の一歩手前の状況にあるとしている。

米軍はC130輸送機3機で3万8000食以上を投下した。ヨルダン軍も今回の作戦に参加した。

ホワイトハウスによると、持続的な取り組みとなる支援物資投下はイスラエルも支持している。