[21日 ロイター] - アマゾン・ドット・コムのクラウド・サービス部門は21日、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が、アマゾンがエヌビディアの最先端半導体の発注を一時停止したと報じたことを受け、発注は停止していないと説明した。

FTは先に、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)がエヌビディアの「グレースホッパー」半導体について、今年後半に出荷予定の新しいAIプロセッサーモデル「ブラックウェル」に「完全に移行した」と報じていた。

AWSの広報担当者はロイターに対し、グレースホッパー半導体からブラックウェル半導体への移行は、AWSとエヌビディアが共同で構築しているスーパーコンピュータ「プロジェクト・セイバ」にのみ適用されると説明し、AWSは引き続きエヌビディアのホッパー半導体をベースとした他のサービスを提供すると述べた。

*情報を更新して再送します。