[北京 12日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会が中国製電気自動車(EV)に最大38.1%の追加関税を課す方針を示したことについて、中国の新興EVメーカー蔚来汽車(NIO)は12日、世界の正常なEV貿易を阻害するとして強く反対する半面、欧州との取引を続けていく姿勢を示した。

NIOは「保護主義に揺らぐことなく、欧州で引き続きサービスを提供し、新たな商機を模索する」と表明。EUの調査は続いており、最終的な結論にはまだ達していないため「問題が解決されることを期待している」と述べた。