[東京 18日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比331円04銭高の3万8433円48銭と、反発してスタートした。前日の日経平均は700円超下落し、大幅安となった反動で自律反発狙いの買いが先行している。東証33業種では、医薬品以外の32業種が値上がりするなど、相場全体に買いが広がっている。ただ、寄り付き後はやや上げ幅を縮小している。

個別では、指数寄与度の大きいファーストリテイリング、ソフトバンクグループが小幅高で推移。東京エレクトロンは1%超高、アドバンテストは小幅高となっている。

主力のトヨタ自動車、任天堂も小幅に上昇。