[東京 18日 ロイター] - 午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比401円67銭高の3万8504円11銭と反発した。米国市場でのハイテク株高を受けて自律反発を期待した買いが優勢だった。半導体関連株や電子部品株がしっかりで、指数の押し上げに寄与した。 

日経平均は331円高で寄り付いた。前日の700円超安からの自律反発を期待した買いが先行した。米国市場ではハイテク株比率の高いナスダック総合やフィラデルフィア半導体指数(SOX)が上昇し、国内の半導体関連株は総じてしっかり。iPhoneへのAI搭載に伴う買い替えへの思惑が継続し米アップル関連株は堅調だった。 

その後は、高値圏でのもみ合いとなった。株価の戻りは前日の下落幅の半分程度にとどまり、市場では反発力の弱さも意識された。このところ、低調な商いが続いており「商いが少ないうちはアク抜けしにくい。不安定な地合いはしばらく続くのではないか」(証券ジャパンの大谷正之調査情報部部長)との見方が聞かれた。

前引けにかけては、一時416円58銭高の3万8519円02銭に上値を伸ばした。植田和男総裁が国債買い入れ減額について「相応の規模」とした先週の会見での発言に関して、きょうの国会での半期報告で「今後の検討の結果決まってくる」などと述べたことが伝わり「重ねて説明があったことで、過度な警戒感が緩和したようだ」(国内証券のアナリスト)との見方が聞かれた。市場では、減額規模をめぐる警戒感が前日の株安の一因との見方があった。

TOPIXは0.74%高の2719.92ポイントで午前の取引を終了した。東証プライム市場の売買代金は1兆6667億7200万円だった。東証33業種では、値上がりはその他製品やサービス、繊維など29業種、値下がりは医薬品や電気・ガス、卸売など4業種だった 

東京エレクトロン、TDKが堅調だった。一部証券の目標株価引き上げがあった三菱重工業もしっかり。一方、武田薬品工業や第一三共は軟調だった。

東証プライム市場の騰落数は、値上がりが1356銘柄(82%)、値下がりは268銘柄(16%)、変わらずは22銘柄(1%)だった。