[アトランタ 20日 ロイター] - イエレン米財務長官は20日、バイデン大統領はインフレ抑制を政権の最優先事項に掲げていると述べた。

バイデン氏が高齢者向け公的医療保険「メディケア」加入者のインスリンの自己負担額を月額35ドルに制限する制度のほか、児童税額控除の拡大、学生ローンの返済免除、手頃な価格の住宅の供給増加など米国民の負担軽減に向けて様々な措置を講じてきたと指摘。さらに育児の高額な費用に対処する方法も提案しているとした。